ひと段落

学校でのタイ語学習が2ターム終わってひと段落。

先のタームの最終テストを終え、ターミナル駅を歩く最中、唐突として「私の生活する場所ってここなんだ」という実感がわいてきた。

今まではなんとなく宙ぶらりんな感じがしていて、一方では観光客のような、一方ではよそよそしいけどタイにすりよる部外者のような、そんな変な気持ち。

 

学校の次のタームは7月からなので、10日あまりは気持ちにも余裕がもてる、かな?

しいたけ占いに、6月は半期の集大成!とあってどんな未来が待っているんだろうと思ったけど、この「ひと段落」という気持ちこそが、はや4ヶ月がたったバンコク生活の集大成なんだろうなと思われる。

体調はずっと何かしら不調を抱えたままの状態で、トラブルも結構あったけれど、それは「大きな移動をしたやつにもっと試練をあたえてやるー うぉりゃー」てな感じで目に見えない大きな意思が動いたんだろう。そう思うことにする。

大きな動きは大きな斑紋をともなう。

バンコクに腰をすえて暫くたったら、その斑紋も収まるはず。

...苦しいさなかでも、よく頑張ったんじゃないかと思う、自分。

しょっちゅう帰りたいだのしんどいだの言ってたけど、そう言いながらやりきるのが私よな。東日本大震災のときもそうだった様に。

 

語学力の伸びに関しては、思ったより伸びてないんじゃないかというのが正直な感想。

三ヶ月あまりの学習期間で15分程度ネイティヴと会話を交わすことが出来るようになった、というマルチリンガルの方の記事を見てちょっとへこんだり。

マルチリンガルの方と比べるのはお門違いなのかもしれないけど、だけれども私は今全力でタイ語にコミットできてないしそれを渋ってる自分がいるのも然り、なんだよなぁ。

タイ語をやる動機が、まだ自分の中でいまいち明確にならないし、得られるものがあるという実感がないのよね。あーあー。

しかし、ここに来た事、来ると決断したことについては微塵も後悔していない。

きっとあのまま日本の片田舎に居るよりもずっと得がたくて貴重で有意義で、学びの多い時間を過ごさせてもらっているから。

ちょうど一年前だったな。社内公募に応募したのって。

メールを送った後、すごくドキドキして、ハラハラして、大変なことをしてしまったと思ったなぁ。

でも、自分は選ばれるはず、っていう確信めいた予感もあってだな。

 

今振り返ると、一年半だったからこそ、あそこにいた思い出はすごく暖かくていい記憶になってるなー。

また温泉入りに行きたい。人はいいし食べ物はおいしいし、第二の故郷って感じ。早いかな。

私にとってバンコクという舞台が第三の故郷となるように、今しばらく何も考えずにタイ語をやって、タイで生活して、それで色々なことについて知見を深めていけたらと思う。

タイ国内で一人旅に行きたいと思いつつ、駐在員の身分になってからはなんとなく気分的に動きづらい。

でも学生気分で居させてもらえる内にタイで遊んでおかないと!

 

そしてのらりくらりとでもブログをつづってきたおかげで、日本の本社に報告する定例レポートの出来がいいものになっている気がする。

役員も読んでいるとのこと、なんとなく人となりを知ってもらえるようで嬉しい。

 

私は何でもできるし優秀だし、恵まれている。そんなことをふと思った今朝の通勤路