自分なりの評価軸をどこに見つけたらいい?

語学学習というのは一朝一夕に成果があがるものではなくて、邪でもいいからそれなりに強い動機が必要で、(同僚のタイ人は日本人の彼女がほしくて日本語学習を始めたそう)、気楽に構えることが必要なのかな。

 

大学生のころ、就職活動をしているときにセミナーか何かで言われたのは、「(世間一般で言われる)いい会社に入ることをゴールにしないで、その先の、会社に入って達成したいことを考えなさい」ということだった。ゴールを先(達成したいこと)に設定すれば その過程にある障壁を必要以上に高く感じたりせず、またどの道を今自分が辿るべきかよく見える、という趣旨のことだったと思う。

私が就職活動をしていた当時は3.11の震災直後ということもあり内定率が低迷していた時期で、当時の私は、「もうどこの会社でもいいから(とにかく何となく聞こえのいい会社に)就職したかった」。たぶん他の多くの同級生も同様で、とにかく職にあぶれるのが怖くて、お祈りメール一つで社会に否定されたように感じられて、そんな雰囲気を感じ取ってのセミナーでの指導だったのだと思う。

 

そして、私はその指導をよそに(というか腹の底からは理解できず)(なんとか)(何となく有名な会社に)就職をして、海外駐在するまでになった。

そんなんで、散乱した話をまとめますと

今言いたいのは

①ある結果を得たいがためにその地点ばかりに執着するより、その先にあることを見据えたほうが最終的に得たい結果を手に入れやすいのではないか、ということ

②(世間一般で)、という前置きにばかり左右されていないで、自分なりのスケールを意識して持ったほうが生き易くなるのではないか、ということ

 

①②ともに、今は主にタイ語学習の到達度のことを指して。

今私のゴール(というか形としての社命)はタイ語のマスター。マスターってーのは検定のある級の取得。あくまで形として。

だけど、社命としてのゴールを自分のゴールと混同しちゃ行けないんだと思う。

最近嵌まってた穴、一年後に、会社の設定した検定級を取れるかどうか。

これにに固執しちゃって、タイ人と喋るより教科書を読んでは不安になってというサイクルをまわしていた。つい最近まで。(正確に言うと今も完全には抜けてない。)

そうこうしている内に、なぜか英語でタイ語を習うという障壁はどっかへ行ってしまい、今では普通に英語で授業を受けている。

一年半前は英会話のクラスでもやっとついて行っている状態だったのに、面白い話である。

(しかし英会話教室にはちゃんと通っていた、えらいぞ私)

そんなことを思うに、私はタイ語が出来た暁にしたいこと、が欠落してるからその手前のフェーズでぐだぐだしちゃうんだろうか、と思う。もっといい意味で、自発的なゴールがもてたらその過程も楽しめる、というか苦楽すら感じないんだろうか、とか。

副次的なものとして語学力がついてくる感じにしたいわけです。

 

そんでもって、「今日は胃が痛くて朝ごはんも食べれんかったけど、ちゃんと学校に行った、えらいぞ私☆」みたいな自己評価が出来んから、「あの企業派遣の人より私のがタイ語出来んかもしれんウボァ」みたいな感じで他人と比べて焦燥感で自分を駆り立ててしまう。目の前にあるよくわからない、そして借り物の評価基準に飛びついて、翻弄されて、疲弊してしまう。

 

だから、ちゃんと自分で自分を正当に評価できるようになりたいと思う。

正当に評価できたら、きっと私の中での私の評価は上がるから。

世の中にはすごい人が居て、名門高校から東大、そして5大商社へ、みたいな人も確かに存在する。(隣のクラスに)

でもそれは私ではない、すごいっていうのは日本の枠組みのなかで。(でもすごいことはすごい。それを否定したいのではない。)

私のオーナーは私で、私を導くのも、ケアするのも、全部私。

だから私は誰かの中の私ではなくて私として私があること、をもっともっと貴ばなければならないと思う。

 

そんでもって、その大事な大事な自分がよしとするもの、これをまず一個、挙げてみようではないか。

そしたら、そこに向かってはだしで駆け出してみてもいいんではないか?

 

さっき日本の偉い人(来泰中)と面談して、とくに深い話もしてないのに涙ぐんでしまった。休職の話まで出てくるし、(あくまで選択肢としてこういうのもあるからあんまり悩むな、って例だと思う)自分は弱い子だ、って思われたかなって怖くて。

でも、弱いのはまぁしゃーないとして、それも自分の一面だって認めた上で他人に開示して、それでも前に進むのが私だと思う。

イメージとしては、絹豆腐に手足が生えてるのが私。

メンタルがプルプルで、歩いてるうちに欠けちゃって、ぽろぽろ欠片を落としながら進む。でも歩みは止めないしプルプルなのも隠さない。そんな感じ。

 

耳鳴りがし出した体でつらつら。大丈夫か私。頭も体も。