言動ではなく行動を見よ。そいつは毒親ならぬ毒上司だ。

フランスから年賀状が届いて嬉しい今日この頃。宛名にJAPONって書いてあるのが無性にかわいい。

 

さて、禊の意味を込めて、年末の失敗談を詳らかに書きます。

ハワイ行きの前に、カウンセラーさんから「上司のことが好きなんじゃない?」と問われ思わず泣いて、その日はずっと、カウンセラーさんに言われた「どこかで本人にその思いを伝えるべきよ」「きっと貴方はボスのこと好きなのよ」というアドヴァイスが延々と頭を巡って。

カウンセリングを受けたのが12/16、その後17日18日ともやもやもやもや悩んでめそめそ泣いて、18日の夜、寂しさ余って遂にボスへ「少し話せますか」とラインでメッセージを入れる。約二か月ぶり。

寂しさの裏には、この日から後任の方への本格的な業務引き継ぎが始まり、いよいよ私はここからいなくなるんだ、という実感が一気に出てきたこともあり。

 

30分ほど返事がないのでお風呂に入っているうち、向こうから着信があって。気付いた時には着信から一時間後。今はもう家に帰っているかも、電話したら、お子さんが聞いちゃうかも、など考えてこちらからは連絡出来ず、「また今度」と入れてその日のやり取りは終了。

その夜はたまらなく寂しくって、ラインの連絡先を消して(そもそも連絡先を登録してるからヒステリック起こしたときに連絡しちゃうんだ)、ずーっと泣いた。雨がざぁざぁ振って余計寂しくて。

家庭のある人と恋愛するとこんな思いするんだ、ってすごくみじめな気分だった。

でも友達にこの顛末を話したら、「電話して何話す気だったの?正気じゃないよ。電話取れなかったのはご先祖様が助けてくれたんじゃないかってくらいの幸運だったよ!」と言っていて。その時はいまいち意味が分からずに居たけれど。

 

ハワイに旅立つ直前、12/20のお昼にボスから電話。連絡先を消してたので、てっきりヤマトの人かと思って出たら不意打ち。

「あの日、どうしたの?」と問うボスに、「解決しました。ありがとうございました」と答えて30秒もせず通話終了。

もやもやもやもやしながらハワイへ。

そして気分どん底の一人ハワイへ。その後は前々回更新したブログの通り、お姉さんと合流して気分が少し良くなったのだけれど

そして日本に戻って27日から29日まで仕事。

28日、私が一人になる時間を狙って、ボスが職場にやってきた。

そしてそこで何を思ったか、私は上記の顛末をボスに喋ってしまう…。

そこでまたボスが調子に乗って、「嫌われたんだと思ってた。今の話を聞いて、またお前を好きになった」「勝手に関係を終わらせないでくれる?」「奥さんよりもお前を愛してる」など言ってくる。

「体の関係なしで済むなら、またデートしたい」「自分をオリエント工業の人形みたいに扱わないで。心が壊れる」と答える私。

その時ボスは、わかったと返事をしたけど、後にぜんっぜん分かってない(分かる気もない)ということが嫌ほど知らされる。

 

 29日の夕方、仕事納めのあと。

なぜか私はボスの隣でワインを飲んでいた。何でかってーと、28日にボスが社用携帯電話を私の仕事場に忘れていったから。

仕事が納まって飲んでる上司のもとへ、携帯を届けに来た私は結局座れと言われ、そして飲まされる。

たぶん携帯を忘れたの、わざとじゃないかなと思うんだけど、まんまと飲まされてホテル連れてかれてその後はパッパラパーですわ。体の関係なし発言とか、昨日の今日で吹き飛んでるし。

でも、不思議と28日から年明けは胸のざわざわが無くなって、すっきりした気持ちで過ごせたんだ…死にたいとかも思わなかったし。

そしてまた1/4頃から死にたさ復活。

 

そして気づいたんだ、もしかしてこの関係って、「毒親とその子」に親和性のある関係じゃないかって。

上司のことは好きだと思う。でも、その好きって異性へ向けられるものじゃなくて、親に向けられるものに似ている。

認めてほしくて、褒めてほしくて。

でも向こうが求めているのは完全に一時の快楽。

それをちゃんと理解して、本当にもう金輪際、体の関係は持たないようにしないと。強くなれ私。

 

私はあなたに認めてほしいから近づいて、そして脱げと言われれば脱ぐけれど、本当はこんなことしたいんじゃないんだよ。

あなたはこういうことがしたいが故に私を必要とするんだろうけど。

 

「海外に行って、それでお前は結婚できるの?」

「後輩の○○ちゃん、今度結婚するらしいけどお前は?」

「奥さんと別れたら、結婚してやってもいいよ」

「お前、一度結婚目前まで行って破局してるもんな」

海外へと踏み出す、不確かな将来が不安で仕方ない私の心の隙へ、こういう言葉で見事に冷たい水を流し込んだ上司。

そう言われて、「本当だ、私結婚できないかもしれない」→「独りは寂しい。奥さんの居る人でもいいから隣にいてほしい。必要としてほしい」という風に思ってた。

自分でコントロールしているはずの関係は、その大前提でボスにマインドコントロールされてたんやなぁ。

えらい消耗する、全く建設的でない関係、そんなんも存在するんやな。

糧にして、もう振り返らないようにしたい。

送別会で、平気な顔して笑いたい。元の私に戻って。