必要とされたい

色々と、今抱えている不安の根源について考えていて、一つ行き当たったのは、

私は誰かから「必要とされたい」んだ、ということ。

 

いま私の中に存在する2大価値「若さ」と「美しさ」、

これがなければ、という幻想に絡めとられて苦しんでいて

そしてそれに代わる価値として得ようとしているのが「キャリア」だと気づいて

この3つを価値として、最終的に手に入れたいもの、それが「必要とされる」ことだと気がついた。

若さと美しさは女性としての価値、女性として、必要とされ認めてもらうこと。

でも、若さは時とともに目減りしていってしまう。

だから、美しさの部分はどうにかしたくて美容整形をする。でもそれじゃ根本的な解決になっていないこと、不安定な要素であることに気がついていて、だからこそ人として評価されるキャリアというものを得たくて。

キャリア、という価値に軸足を移そうと試みて

でも、挑戦すること、失敗することが怖くて尻込みしてる。

キャリアも、美しさと一緒で不安定かつ主観的な要素であることに変わりはないのに。

なんでこうも自分は 自分を生き辛い方に煽ってしまうんだろう

 

とりあえず赴任はする、行ってから考える

死ぬくらいだったら会社辞めてうつを治す

今いる会社の人に歓送会とかしてほしくないな。そっとタイヘ消えたい。ダジャレじゃないよ。