タイ旅行と海外赴任

7/13-18、海の日の連休+お休みを頂いてタイ(ほぼほぼバンコク)で一人旅してきました。

感想は、「よかった。楽しかった。また行きたい。」

 

この一年、二か月おきに色々な国へ行ったけれど、また行きたいと思えるところってそんなに多くはなくて。

いやー、もともとタイに行きたくてタイを目的地に選んだわけではなく、飛行時間とか諸々を考えてたまたま適地だったのがタイだったわけですが、思いのほかに気に入ってしまいました。

オーストラリア人の友達からは、「タイなんてマッサージと酒と寺しかない」なんて聞いていましたが、いいとこやんか。

衛生面でよくないよ、との前評判も、台湾に行ったことある人からしたら全然気にならない。同じような感じ。

ゾウにも乗ったしアユタヤの遺跡も見たしホテルのプールからチャオプラヤー川を見ながら優雅にくつろいだし、マッサージも受けたし、まんぞく。

おすすめの料理はマンゴタンゴというお店のマンゴープリンです。ココナッツで炊いたお米つきの、たしか185バーツくらいのデザートプレート。

お店も見つけやすいし、超おすすめです。

あとは、マンゴツリーで食べたマッサマンカレーと超からい謎のサラダ。そのほか屋台料理にも挑戦しましたがおなかも壊さず無事に帰ってきました。

物価も安いしええとこや。

 

…と思って満足して帰国しましたら、先日応募した社費留学(というより海外赴任プログラムといった方が適当かな)の一次審査通過のお知らせが届いておりました。八月上旬に東京本社で最終の役員面接とのこと。

実は、この審査にパスした暁に派遣される国というのが、中国か、タイなんです。

先日の記事を書いた際には北京とバンコクなら問答無用で北京でしょ、とか思っていた私ですが、図らずも今回の旅行によりバンコクへの赴任もいいなぁと思い始めています。

最近受けたToeicのスコアが結構上がって(775になりました)、応募時にそのスコアを添付したのが功を奏したかな。

次の展開が楽しみ。