タイ旅行と海外赴任

7/13-18、海の日の連休+お休みを頂いてタイ(ほぼほぼバンコク)で一人旅してきました。 感想は、「よかった。楽しかった。また行きたい。」 この一年、二か月おきに色々な国へ行ったけれど、また行きたいと思えるところってそんなに多くはなくて。 いやー…

自分の価値を自分で決められないお年頃

今、手元にとある書類があり、それを提出した後に待ち受ける未来を想像して、ふと考えてしまいます。 その書類というのが、社費留学のエントリーシート 去年まで海外大学院への博士号取得を目的としたコースしかなかったものが、今年から現地で働きつつ語学…

エリート金融お姉さん続き

先月末から、ゲストとして金融系のお姉さんがお二方 続きました。 お一人はマレーシアから、もう一人はアメリカから、どちらも30歳。 マレーシア人のお姉さんは名だたる企業で働いたのち、今は小休止の期間なんだそう。 アメリカ人のお姉さんは中国系で、投…

旅先の宿 各国あれこれ

主題の件。 旅先で泊まる場所はホステルが多いのですが、備忘録もかねて各国の滞在先についてまとめます。 それにしても、数年前に比べて格段に世界の宿事情がよくなってきていて本当にうれしい。このままもっと旅に出やすくなーれ(星のついたスティックを…

26歳

26歳最後の晩餐でございます。トマトもぐもぐ。 先日はロンドンから戻ってすぐにインフルエンザA型を発症し、会社にも行けずひたすら家で寝ておりました。 14日に出る筈であったマラソン大会にも参加出来ず、生産的なことはゼロで うんうん唸ってるのみの…

ロンドン旅行記4

5/7 滞在最終日 4時に目が覚めて、5時半までベッドの中でもぞもぞ。 起き出して、シーツの洗濯や荷物の整理をしてたら9時。 今日の目的地はただ一つ、大英博物館! 地下鉄セントラル線で一本、降りてから歩くこと5分程度で開館直後の博物館に到着。 内容は..…

ロンドン旅行記3

5/6 (ホステルのお庭) 10時にホステルを出て、まずはoxford circus駅で下車 リバティへ その後、フォートナム&メイソンに行きお土産を購入。 お次はちょっと歩いてハロッズまで。 向かう途中でバッキンガム宮殿の前を通り過ぎ (本当にこんな格好で立ってるん…

ロンドン旅行記2

つづき ロンドンブリッジを超えてひたすら川沿いを歩き、古いお城に辿り着く。 お土産だけ見て、また川沿いへ。 立派な立派な橋を見て、この国の持つ歴史がいかに長いかに思いを馳せていました。この橋が建った時、日本人はまだちょんまげだったのかな?とか…

ロンドン旅行記

現在進行系のロンドン旅行記を書こうと思います。 と 言うのも、実は一人で海外に行くというのに携帯を自分の車に置き忘れて旅に出てしまい、いま借り物の携帯でこれを打っておりまして。で、羽田に戻ったらこの携帯を返却しないといないので、撮り貯めた写…

想うこと

最近、「誰かを純粋に想う」気持ちにふれることが多い。 ドイツから意中の女の子に会いに日本へ来た、20歳の男の子。 (彼女に会った際、日本語でジョークを言ってアイスブレイクしたいとかで一緒に考えたんだけど…上手くいったかな?) 胸がドキドキ、っ…

フットワーク軽く。

四月もあっという間でした。 弟の入学式に、母を連れて横浜へ行ったのが4/1 その機会に ネパール人の旦那さんをもった友達に会いに行き(ネパール料理美味しかった)、明くる日はミュシャを見て感動して。そして先週は大阪へ、慕っているお姉さんに会いに。 つ…

旅籠屋はじめました

(フォントの大きさがうまく調整できません。読みづらくてスミマセン) 長らく、更新をさぼっておりました。ええと、前回の記事が年末で、今が4月か。 この間、もう目まぐるしく環境や考え方なんかが変わって、楽しく過ごしておりました。 まず一番変わった…

移動と少し早い2016年総括

確か大前研一さんが、目標達成のために一番意味がないことは決意を新たにすること、 住む場所や付き合う人を変えてこそ目標達成が近づく、という趣旨のことを仰っていたかと思いますが そんな言葉を尻目にブログを新しくしました。 私にとっては、まっさらな…