ロンドン旅行記2

つづき

 
ロンドンブリッジを超えてひたすら川沿いを歩き、古いお城に辿り着く。
お土産だけ見て、また川沿いへ。

f:id:paeonialactiflora:20170506130121j:plain

 
立派な立派な橋を見て、この国の持つ歴史がいかに長いかに思いを馳せていました。この橋が建った時、日本人はまだちょんまげだったのかな?とか。
(今調べましたが立派な橋=タワーブリッジだったようで、1894完成とのこと。その同じ年、日本では日清戦争が始まったようです。)
ちょんまげは兎も角、世界の文明を先駆ける都市だったんだなとしみじみ感じました。
 
橋に満足して川辺を去り、次はシティ方向を宛てもなく散策。
途中、マークス&スペンサーで両替。
なんか思ったよりもレートが悪い...?
でもまぁ残り10ポンドしか持ってなかったので取り敢えず2万円を替えました。125ポンドと少しに変わりました。
 
そしてここで人生初、自分で水着を買いました。
今度タイ行くし、年末はハワイ行きが決まったし、ということで。
試着もせずに勢いで買いましたが、帰ってから着てみたらサイズぴったりでした。よかった。
 
お店を出て更にてくてく歩き、気が付いたらリヴァプールの駅。
駅舎が吹き抜けで大きかった〜でもちょっと古めかしい感じ?
f:id:paeonialactiflora:20170506130334j:plain
 
その後は所用でヴィクトリア駅へ行き、近くの公園で芝生に座ってブログ文面を練り練り。
皆さん思い思いに公園の芝生で寝転んだり本を読んだりしてらして、とっても開放的で気持ちよかったです。

f:id:paeonialactiflora:20170506130623j:plain

f:id:paeonialactiflora:20170506130739j:plain

(先程のお土産屋さんで目があったので連れて帰って来た)
 
さて、ヴィクトリア駅から移動して、シェパーズブッシュ駅近くの大型ショッピングモールへ。
ローラアシュレイが入っていると聞いて行ったのですが見つけられず...
うう。実はこれで二店舗目。ちゃんとグーグルマップの情報を見て行ったのですが、もしかしてローラアシュレイってロンドンでは撤退したのでしょうか⁉︎
詳細わからず...
 
クタクタなので諦め、スーパーで買い物して帰って来ました。

f:id:paeonialactiflora:20170506130844j:plain

 

こちらでは食料品店でも本屋さんでさえも、セルフレジがかなり普及しています。
小銭の額がわからず溜め込んでしまう私も、とりあえず小銭をレジに突っ込んでみるスタイルで無事このスーパーを攻略(?)
そしてイギリス通貨の小銭は絵が大きく、今までで一番 金額が分かりづらいです...
f:id:paeonialactiflora:20170506131031j:plain
 
cider(日本と違い、基本的にアルコール入り)とジンを買って、後は生のココナッツチャンクやザクロを酒菜に。
 
19:30ごろホステルに帰ってまずはシャワーを浴び、その後お酒にかなり酔ってそのまま寝てました。
さっき目が覚めてこれを更新しています。
現在朝の5時。
かれこれ二時間もブログを書いている...
先の記事を書いてたのは昨日なので、パリに行ったのは一昨日ですね。時系列が変になっている。
 
さぁ今日もノープランですが、楽しい一日になりそう。
小鳥の囀りがとても可愛くて、朗らかで眠たい気持ち。

ロンドン旅行記

現在進行系のロンドン旅行記を書こうと思います。

と 言うのも、実は一人で海外に行くというのに携帯を自分の車に置き忘れて旅に出てしまい、いま借り物の携帯でこれを打っておりまして。で、羽田に戻ったらこの携帯を返却しないといないので、撮り貯めた写真をここに記事と合わせてアップしてから返そうかと思います。
 
5/3
朝、最寄りの空港から国内線で羽田へ。
搭乗した直後に携帯がないことに気付くも、出発時刻まであと5分ではどうにも出来ずに失意の中で羽田へ...
途中、「空港にApple Storeとかがあれば iPadでも買うか...浜松町にヨドバシ... 無いし...
携帯が無かったら宿泊先の住所も分かんないじゃん...」と、ぐるぐる考えていたら、乗って来たANAの乗務員さんが地上職員さんに私の事情を話して引き継いでくださった!
それでもって職員さんと国際線ターミナルへ。
私が次の便(JAL)のチェックインをしてる間にwifiレンタルのお店に問い合わせてくださり、なんとか携帯を手にして日本を旅立つことが出来ました。
ルーターだけじゃなくて、機器本体も借りられるとは知りませんでした。ほんとに助かりました。
レンタル料金は6日間で一万円ほど。
 

f:id:paeonialactiflora:20170506114240j:plain

(最近、もっぱら海外へはLCCを使ってたので機内食が新鮮。
この他に、soup stock Tokyoのシチューなどが軽食として出ました。)
 
ロンドンへは現地時間15時過ぎに着き、入国審査が終わったのが16:30頃
そこから、地下鉄で宿泊先のホステルへ。
この時、雨が降っててすごく寒くて、更にホステルに管理人さんがいない故、震えながら駅前で15分ほど待つ...
無事にチェックインを終えたのが18時頃、そこから、寒すぎるのでコートを買いに出て、oxford  circus駅周辺をうろうろしたところで時間&体力切れ。5月にコートなんて売ってなかった。水着ならあった。
そして泥のように眠る。
 
5/4
朝 5時に起きて、gatwick空港からパリのシャルルドゴール空港へ。お昼前に着いて、友達と合流。
元気そうでよかった!
彼に連れられるままルーブル美術館など散策して、5時過ぎに空港へ。
途中、シャンゼリゼの大通りでは、先日狙撃されて亡くなった警官への献花が沢山ありました。私も手を合わせてきました。
この事件、テレビで見て 単なるニュースだと思っていたけど、現場を目にすると心に迫ってくるものがある...
楽しく観光したパリだけど、やはり色々な脅威に晒されているんだなと感じました。荷物検査も至る所で受けましたし、警官も多い。
f:id:paeonialactiflora:20170506114446j:plain
f:id:paeonialactiflora:20170506114538j:plain
(ルーブルで一番印象に残った絵画)
 
そして昨日は鉄道会社がストをしてた様で、友達は心配して行きも帰りも空港まで来てくれました...ありがたや(;_;)
「今年のうちに、また日本に行くね」って言ってました。そしてお土産までもらう。嬉しい。
 
パリを19時に発つ便に乗り、ホステルへはロンドン時間で23時頃に帰り着く。
帰り道は、機内から電車の中から、疲れて寝っぱなしでした。
(後で詳しく書きますが、ロンドンは地下鉄で寝てても然程危なくない様子。パリと治安が全然違うなと思いました)
往復に使った航空会社はスペイン資本のLCC、vueling
お値段往復で100ユーロほど。on timeだったしまずまずでした。機内ではずっとノリノリの音楽がかかってましたが、スペイン流でしょうか。
 
5/5
朝、目覚ましをかけずに寝たのに6時に目が覚め。
ぼーっとホステルのお庭を眺めてたんですが、これがもう美しくて。
なんてことのない ただのお庭なんですが、風に柳の葉が揺れて、新緑がとても眩しい。
エフェクトかかってるのかもしれませんが、イングリッシュガーデンは美しいなぁってしみじみ思える光景でした。
 
洗濯などして、ホステルを出たのが9時過ぎ
とりあえず、BANKという駅の地上から散策開始。
その駅名の通り金融街だったようで、コーヒーショップの窓際からスーツのおじさまを観察&堪能
そして時にはそのおじさまたちの香水の匂いをくんくん。完全に変態です。
季節柄というのもあるかもしれませんが、ロンドンの男性は明るいネイビーのスーツをよく着こなしていらっしゃる。
足も長くてシュッとしてるし、ほんとに皆さん素敵で、思わず隠し撮りしてしまいました。ごめんなさい。

f:id:paeonialactiflora:20170506115709j:plain

(こちらはスーツではないですが、皆さん基本的にはネイビー。見ていて惚れ惚れする。)

f:id:paeonialactiflora:20170506115806j:plain

(隠し撮り感溢れるフェティッシュな一枚)

 

そこからSt. pauls まで歩き、テムズ川沿いの道に出て、ロンドンアイを背に、ロンドンブリッジ方向へ。

f:id:paeonialactiflora:20170506120140j:plain

 

f:id:paeonialactiflora:20170506121211j:plain

長くなったので別稿へ
 

想うこと

最近、「誰かを純粋に想う」気持ちにふれることが多い。

ドイツから意中の女の子に会いに日本へ来た、20歳の男の子。

(彼女に会った際、日本語でジョークを言ってアイスブレイクしたいとかで一緒に考えたんだけど…上手くいったかな?)

胸がドキドキ、って片言の日本語で言う彼が可愛くて。

 

もひとり、大学の友達で、お嬢様育ちの子。

25歳にして初めて彼氏が出来た、でも相手は外国の人で、事情があって国に帰ってしまった。別れざるをえなかった。

そんなことをポツポツ語ってくれました。

「自分は親の決めた、好きでもない人と結婚するんだとばかり思って生きてきた。でも、初めて好きな人が出来た。嬉しかった」と。

そういう縁だった、って言われるのが一番辛い。と言いながら、ひたすら千羽鶴を折ってました。

(彼の為に、と言いつつも、悲しみを昇華させる為だとも言っていました)

そして彼女、大学時代にあんなに好きだったバンドのグッズをネットでせっせと売り払っていた!

これはもう、この子にとって彼の存在がどんなに大きいのかを 否が応でも分からせてくれました。

彼女の想い人と、私の前に付き合ってた人の職業が同じだとかで 私にはいろいろ話しやすかったみたい。

 

最近の私といえば…ある人を使って恋人ごっこをやってしまい、真似事だけのつもりがちょっと情が移ってしまい、という爛れた日々の只中にありまして

人を想うって何だろう。って不意に考えてしまいます。

 

前に付き合ってた人のことは本当に大好きで、大好きだ、って思える人が世の中に存在する日々が幸せで。

今の私は誰かにとっての想われ人ではないんだなぁ、と思うとちょっと悲しい。

上司を見て、この人にも奥さんが居て、私には知り得ない絆があるんだろうな、と思うとちょっと寂しい。

誰かを真剣に想いたい、なんて、くちばしの黄色いヒヨコの台詞?

 

フットワーク軽く。

四月もあっという間でした。
弟の入学式に、母を連れて横浜へ行ったのが4/1
その機会に ネパール人の旦那さんをもった友達に会いに行き(ネパール料理美味しかった)、明くる日はミュシャを見て感動して。

そして先週は大阪へ、慕っているお姉さんに会いに。
ついでに、前から行きたかった出雲へ二人旅。
フットワーク軽いねぇってよく言われます。

来週はロンドンと、友達のいるパリへは日帰り強行軍で行くことにしました。
ロンドンtoパリのユーロスターチケットを取ろうと思ったら お値段片道¥25000とかでして、諦めてLCCのチケットを取りました。往復で¥13000也。
スペイン資本のLCCだそうだけど、だいじょぶかしら?飛ぶよね?

色々と初挑戦の多い今年、タイミングがカチッっと合うことが多くて、大きな流れに乗ってるなぁと感じます。ありがたいことです。
おみくじの類いも、去年辺りからどこで引いても良いことしか書かれていなく。

そして秋にはアメリカに行こうかなとぼんやり考える今日この頃です。
なんだか人生楽しくなってきたな。

旅籠屋はじめました

(フォントの大きさがうまく調整できません。読みづらくてスミマセン)
長らく、更新をさぼっておりました。ええと、前回の記事が年末で、今が4月か。
この間、もう目まぐるしく環境や考え方なんかが変わって、楽しく過ごしておりました。
まず一番変わったことは、タイトルにもありますが、Airbnbのホストを始めたこと。
特急の停車駅から数分の私の部屋には意外にもたくさんの方がいらして、そしてその方たちから「なぜ日本に来たのか」、とか「何に興味があるのか」、なんかを聞いてるとほんとに楽しい。
島国で生まれ育った私には考えられないような複雑な生い立ちを持つ人、何か国語もぺらぺら喋れちゃう18歳の女の子など、本当に多彩です。
そして、ホストとして英語でコミュニケーションを取るうち、ぐっと英語のスピーキングがうまくなりました。(当社比)
 
あとは上海、ソウルへの旅行を通じて、東京への過剰な憧れというか、幻想を排除することができたように思います。
先日、ひっさびさ(去年11月以来?)に東京へ行き、以前ほど「東京へ行くこと」に対して前のめりでない自分が居て、うまく力が抜けるようになったんだなと思いました。
東京もone of capital in asia.  Just one of themです。
 

他に変わったことは、美容に十分なお金と時間をかけるようになったこと。

これがまた楽しい。

やっぱり大人になったからにはいいものを試してみるもんだな、と思う次第です。

デパコスで全部揃えるとかそういう豪奢なことはしていないのですが、髪のためにシルクのナイトキャップを被って寝るとか、旬のいいものを食べるとか。

主に、天然素材に強く惹かれる傾向にあります。

あとは、顔とうなじの脱毛を始めました。出来れば、歯列矯正もしてみたいと思ってます。

 

さてこの後、GWにはロンドンとパリへ行ってきます。

パリへは、Airbnbで出会ったフランス人男性に会いに。

あとはバカラの美術館に行きたい!

ほかのどの都市にも言えることですが、とにかく ただただ街歩きをして、その街に住まう人の暮らしを窺い知ることが楽しいです。溶け込んでるふりをしてる自分も面白い。

 

…旅行について書いていて思い出したのですが、

2か月ほど前に漸く、ストレングスファインダーをやってみまして。

その結果に「あなたには収集癖があります。それは切手のようなものかもしれないし、あるいは知識かもしれません」とあり。

最初はピンと来なかったのですが、どうやら私のこの「旅行へのスタンス」が、まさに知識の収集癖のことを指していたのだと分かったときは、ほんとこのテストに感心しました。

 

そんなところで、近況報告おしまい!

来月はついに私、27歳になります。

移動と少し早い2016年総括

確か大前研一さんが、目標達成のために一番意味がないことは決意を新たにすること、
住む場所や付き合う人を変えてこそ目標達成が近づく、という趣旨のことを仰っていたかと思いますが
そんな言葉を尻目にブログを新しくしました。
私にとっては、まっさらなノートに新しい節目からの日記をつけるのは意味のあることだと思うのです。
 
そして今日は、湖の見えるカフェでゆっくりと今年の振り返りを。
 
目次1.旅行について
  2.映画について
  3.買ってよかったもの、サービス
  4.お金の使い方について
  5.来年の目標
 
1.旅行について
まず今年を振り返って一番良かったことは、旅行に沢山行けたこと。
近場だけれど、気軽に海外へも一人で行けたことでマインドが変わった気がする。
(出張も含めて今年の遠出をリストアップ)
2/4-5 仕事と転職面接で東京
2/25 仕事で東京
3/11-12 仕事で東京
3/16 仕事で東京
4/16 転職面接で東京(すごく行きたいと思ってたところ)
4/24-25 転職面接で東京
5/8 美人画
6/11-15 研修で東京
7/12-13 仕事と転職面接で東京
8/5-6 転職面接で東京(根津美術館
8/26-28 広島(厳島神社)、神戸、京都
9/17-19 台湾旅行(名古屋から)
9/27 転職面接で東京
10/8 転勤に伴う引っ越し
10/29-30 大阪・京都(京都市立美術館)
11/12-14 台湾旅行(成田から)、東京
 
そしてこれからの予定
12/中旬 大阪・名古屋・東京 三都市周遊(面接試験と、母親孝行)
12/末 晴れたら出雲大社にいこうかな?
1/上旬 上海(名古屋から)
3/中旬 ソウル(名古屋から)
この他 6月までに、一週間の休暇を取ってニューヨーク(摩天楼と世界の中心を見たい)、若しくはロンドン(メンズスーツのテーラーとアフタヌーンティ、ローラアシュレイにドレスブランド巡り)に行きたいと思いつつ。
 
日本で暮らしているだけでは疑問に思うことのなかった些細なことが、外へ出ることで一気に自分の中に顕在化するのが面白い。
そして、海外で誰かに何かを伝えようとするとき、自分の頭の中に英語と、つたない中国語、日本語が入り混じってあふれ出して、その様子を客観的に見ている自分もいて、そうして思考回路がいつもとは違う事柄で満たされるのが面白い。うまく言えないけど。そんな感じです。
 
2.映画について
旅行の他には、映画を沢山見られたこと。夏ごろから見だして、計50本くらい見たかな?
個人的に印象に残っているものは、
・インファナルアフェア シリーズ全て(ンガイ家の長男がすごくタイプ)
ワイルドスピード・TOKYOドリフト(これで車の魅力に目覚める)
プラダを着た悪魔(の、出だしのところ。カンフル剤のよう)
映画を見る目的は、何か人生の教訓的なものを得るという趣旨よりも、気分転換を図る意味が大きいかも。
 
3.買ってよかったもの、使ってよかったサービス
・ノートパソコン 今まで持っていなくて、転職活動の情報収集用に購入。出先で長い文書を書くことが出来るようになって生活が変わりました。
・電動ハブラシ ふつうのハブラシで磨くより断然きれいになる。
・柔軟剤(IROKAという商品名で、白いパッケージのもの。ドラッグストアとかで普通に売っています。)今までシルクの製品を一緒くたにあらっていたので柔軟剤は避けていたけど、分けて洗濯することで使えるようになりました。すっごく好きな香り
・アナスタシア 眉毛のお手入れサロン。骨格に合った眉を客観的に見て作ってくださるので顔の印象が良くなった。
・LCC ざっくりですが、LCCの台頭で、国内旅行と変わらない値段で海外行けるようになったことは画期的!
・ネクタイでO脚解消 縛って寝るだけで、綺麗な脚になってきました
 
これらを試すきっかけは、Twitterが多かったように思います。
コスメやサプリなどの物質的なものから、生き方や考え方などの姿勢についてまで
沢山の示唆や教示をもらっているすぐれものです。ありがとうございます。
 
4.お金の使い方について
引っ越し以降、ばんばんお金を使う機会が増えました。
それは、時を同じくして旅行の楽しさに目覚めたことにも一因があるし、
他には「溜め込んでいるよりも、新たな経験や感銘を 対価を払って獲得しに行くことに意味がある」と思ったから。
ある時、通帳に表示される額がまとまった金額になって、だけれど全然おもしろくない自分がいることに気付いて。
それは何でかというと、支出しない分なんの活動もせずにいただけ、それだけのことだという自覚があったから。
それが引っ越しをして車を持つようになって、色々なところに出かけるようになって
今まで本当に狭い世界に自分を閉じ込めて満足していたなぁと気づかされました。
折角たくさんのお給料をもらっているのだもの、自分が楽しくなること、学びを得られることに投資しないと勿体ない。
あとは、同級生でもすでに結婚して育児に励む子に比べて、私はより様々なことに取り組める余裕が与えられているということ。
そして、いずれ私も結婚をすることを思うに、今しかその余裕が十分に与えられないことを感じるから
今この瞬間に感謝して支出しています。
 
経済的にも能力的にも容姿的にも、恵まれた立場にあることに感謝して、それを広く社会の役に立てるように人生の駒を進めていきたいと思う今日この頃です。
 
5.来年の目標
これは来年というより喫緊の課題なのですが、ダイエットをすること。
転勤で環境が変わったからか、最近太ってしまいました。韓流アイドルの女の子を見て、やせるモチベーションを保たなきゃ、と思っているところ。
肥った原因は、夜ご飯を食べるようになったことと、通勤距離が短くなったので毎日の運動量が減ったこと。
あと、精神的にも少し不安定なのかも。自覚はあまりないのだけれど。
 
さて本題、来年は社費留学の選抜に応募すること、それまでにTOEICで十分な点数を取ることが目標です。
選抜の結果如何によっては会社を出るという選択肢も考えて、より「自分で自分を養う能力」を高めていきたいと思います。
具体的な方向性がしっかり決まったわけではないので、今働き方についての包括的なことを学ぶべく、それ用の読書をしているところです。
転職ありき、で読んでいた本は、やっぱり少し強引で視野狭窄でしたな。
一旦引いて考えることが出来たらいいな。
 
自分はずっと経済的に恵まれた環境にあり続けるんだということは当然のような予感です。
書き散らした文章だけれど、今日はここまで。
コンスタントに更新できるとよいなぁ。