私は私の価値が自分で認められないので、他人を使ってそれを確認しようとする

(タイトル)

…ということにまた気がつく。

二年前に失恋して いやほど知ったはずのことだけど、やはり構造的に解決できたわけではなくて、これからいつ解決するやも知れなくて。途方もないような、虚しい感情。

今週の日曜、ホテルのラウンジでカウンセリング受けた時は上司と切れた爽快感?から調子が良かったのだけれど、そこから今日まで、夜になると気分がずーんと落ちる日が続いていて。

次のカウンセリングを二週間後に予約したのけれど、一週間後にしておけばよかった。躁状態だっただけのよう。

しかしここで安定剤に頼るともうそれに頼りっきりになってしまいそうで、飲まずに持ちこたえてる。エアビーのゲストさんもいるので、気丈に振る舞わなくちゃという思いが強い。

ツイッターにばーっとネガティヴなことを連投してみたり。

何が私の心に引っかかるのかというと、同年代の(すこし下の)世代の女性が、パートナーと幸せそうな毎日を送る様子とか

会社で他の女性がちやほやされている話を聞くとか。

疎外感とか孤独感とか、自分は何をやってきたんだろうとか、どんな価値があるんだろうとか、これからどうなっちゃうんだろう、とか。

 

誰とも一生を約束する関係性を築けていないこと

そうこうするうちに若さが欠けていっていること

誰からも愛されていないこと(血縁でない人からという意味で)

精神的に問題を抱えていること

 

外見をよくしたい、という妄信にも似た感情から、実は今年4回も美容整形手術を受けたことは、今まで書いていませんでしたが

そうです、1月に始まり、二か月おきに。( 整形手術を受けていない月は海外旅行というなかなかのスケジュール。)

これで自信を得て、ついに夏、上司に手を出した訳ですが。

当時は「究極の自己満足」だと思って入れたメスも、結局は誰か から愛されるため、(それも外見的魅力というインスタントな方法で)やったんやなと省みて。

「社会的に価値のある人から愛される、もしくは価値を認めてもらう」ことで承認欲求を満たす構造は少しも変わってないんだって

カウンセラーさんに指摘されて初めて気がついた。

 

弟に、「嫌われる勇気」、もう一度、一度と言わずバンコクにも持って行って何度でも読んでみなよ と言われて。

今日久しぶりに読み直してます。

変わりたい、どういう風に?

何かに耐えているという自覚がないままに、ストレスから自律神経失調症になった話

あほとしか言いようのない出来事だけど、今後の自分への戒めとしてここに書き記します。内容は主題の通り。

自分の、愛情の求め方が歪んでいたせいで知らず知らずのうちに心理的にかなりの負担を抱えていたみたいで、自律神経失調症になってしまいました。

原因は職場での不倫。

原因が分かったのでその人とはきっぱり終わりにしました。

まだ上司ではあるのだけれど。

 

その人と一線を越えてからなんだか調子が悪い、でも理由が全く分からない、てことは妊娠とか性病とか?って思ってたんですがメンタル要因でした。

散々病院に通ったけどそりゃ原因がわからんわけだ。

今だってなんか騙されたんじゃないかと思ってるくらい、そのくらいメンタルに負担をかけている自覚がなかった。

夏の始まり頃からそれは始まり、メンタル要因だと気づいたのが今月に入ってから。

そこからカウンセリングを受け、血液検査なども受けて正式に診断が下りました。

高校生ぶりの、精神安定剤の処方も出たぞ☆

情けなくて泣きたい。

年齢を重ねて、それなりに身の回りで起こることにも対処できるようになってきたと思っていたんだけど、それは私の驕りであったようで。

自分の深層心理って、自分でもわっかんないもんなんだなーってのも率直な感想。

今は関係を断ち切って、やっと感受性とか将来について考えられる余裕とかが戻ってきつつあるところ。

考えがまとまったら随時更新予定。

理屈から入らずともよい

先日、京都のホステルで出会った二十歳の男の子、横浜から一人旅で来たとのこと。聞けば、自分の世界を広げたくて、最近一人旅をするようになった、と。

そして、高校卒業以来、倉庫業?というの?薄給の肉体労働を続けてきたけど、来年から建築士になるべく一念発起して専門学校に通うとのこと。

私もタイ行きが決まって春からお互い違う生活が始まるね、と話していて。

 

私が「好きな建築士は?」と聞くと、

「誰とかっていうのはあまりわからない。でも、横浜で洋風の建物を見てるといいなって思って」と。

自分自身を、少しは建築の世界に明るい方だと思って構えて聞いていたので肩透かしを食らったような気がして

でもよくよく考えたら、別に誰々の是々の何とかって様式の…なんて会話は頭でっかちかもしれない。

好きって気持ちだけで新しい世界に飛び込んでいく彼が、なんかいいなぁと思った夜でした。

体調が良ければ一緒に飲みに出たかったけど、そんな余裕もなく彼とはそれっきり。

タイにも遊びに来てねーって言ってきたけど。

 

そんな10月。

そして最近は人生で初めて救急車で運ばれるなど。

プミポン前国王の葬儀中継を見て号泣するなど。

元気になってきた。元気で、バンコクで働くんだ。

朝、ジャズを聞きながらカフェラテを飲みながら

体調とメンタルの調子を改善すべく昨日から始めたこ

1、日中、直射日光に当たる。瞼に強い光を感じる。

日焼けが気になるけど、そこはがまん。ちょっとした外出時には日傘をささずに出かける。

2、夜寝る前、カーテンを少し開けておく。朝は自然光で目覚める。

で、結果

いつもは二度寝して計9時間もだらだら寝ていたのが、今朝は6時前にスッと起きられた!

そして1.5キロほどランニングしてきて、シャワーを浴びて掃除と洗濯を済ませ、今に至る。

気分は、特によくもわるくもなくという感じだけど、この「ふつう」の何と尊いことか。

この調子でもっと上向いていけるようにしたいな。

 

そして海外赴任に向けた準備。

1、日本にいるうちに虫歯を全部治す

2、タイ語検定を受ける

 

1については、もう半年ほど歯医者さんに行ってなかったので、先週末に意を決して行ってきました。

結果。

歯医者さん「虫歯も全然ないし大丈夫ですよ~今日だけで治療は終わり!」とのこと。

肩透かし

もともと歯が強くないので(しかも過食嘔吐してた時期もあったし)、もっと長期間の治療が必要かと思ってたよー

フロスしたり電動歯ブラシ使ったりしてるのが功を奏したのかな。

これから更にちゃんとセルフケアするようにしよーと思ったのでした。

で、2のタイ語検定。

受験地が東京・大阪・名古屋(もしくはバンコク)しかなく、しかも三連休の最終日。

どないしよー、って躊躇して、結局まだ申し込みしておらず。

受験級は5級の予定で、申し込み締め切り10/16の受験日11/5

んー、受験日前の2日間でどこかに一人旅に出たいけど体調が不安だし12月にはハワイに行くしどないしよー。という脳内

それでもって、タイ語検定の2週間後にあるTOEICだけは既に申し込みを済ませてしまいました。

そもそもまだ全然タイ語の勉強に手を付けられてない…

トリリンガルへの道は続く。

健康って有り難い

昨日から、やっと、やっと体調がよくなった感じがしていて

今日も終日気分が良くて、健康ってほんと、ありがたい。

健康が有り難いものだってこと、忘れないようにしたいなー。

 

そんな訳で、タイへの赴任が決まりました。

任期は5年。その後2年ほど東京の本社に戻されて、そして役職をつけてまたタイ法人へ出向く、そんなコースに乗ってしまいました。

結婚、という言葉にかなり過敏に反応するようになってしまいました。

渡航は来年。それまでに語学の勉強をしなくちゃ。

 

さぁ、あしたはどっち。

もてきと体調不良

海外赴任の面接、なんと一度で終わりではなかったようで、二度目にお呼ばれしました。来週頭に役員面接。

これでほんとに最後の面接だと思われるのですが、なんだか全然実感がない。

前の面接も準備・緊張なしで好きなようにペラペラ喋ってきたので、面接官が持った私の印象は芳しくなかっただろうな…と省みていて、次に進んだことが当然のような予想外のような。

あまりに適当に喋ってきたので、前回の面接が終わってから東京駅のスタバで面接官へのお礼状をしたため、その足でキッテのポストに投函してきたんですよね。それが効いたかなぁ。

第三者を見るように客観的かつ感情をあまり持たずに成り行きを見守っています。

決まれば、来年早々に現地へ渡航する予定とのこと。

 

さてタイトルにあるもてき、モテ期…

最近やたらと会社の人に好意を寄せていただくことが多く。

同じ課の7つ上の男性と宴席で隣り合ったとき、どなたかが「お互い(私とその男性を指して)に今フリーなんでしょ?付き合っちゃえば?」と振って、それを受けたその男性が「幸せにしますよ」と真面目なトーンで返して私をまじまじ見つめる、ということがあり。

不覚にも、その発言にすごくときめいてしまいました。海外に行く可能性を考えると進展させる気はないですが…

あとは部長とか支社長とか偉い人からけっこうマジなトーンで言い寄られるとか。でも貴方達、既婚者ですやん。

そして会社のおじさんたちのグループラインに私の写真が出回るなど。これは好意か?

なんでしょう。いま体調がよくなくて少し弱ってるので、つけ入る隙があるように見えるのかな。

 

そしてその体調不良ですよ。

もう一か月以上前から突然(主に朝方)の子宮の痛みと戦っており、当初は、すわ妊娠か⁉と思いながら居たわけですが その後通常のサイクルで月のものが来て。

そのままだましだまし居たのですがお盆に血尿が出て、これはもう病院に行かざるを得ないということでお医者さんへ。

泌尿器科と婦人科をはしごした結果、膀胱炎と細菌性膣炎とのありがたーい診断を頂きました。

薬の副作用でめまい、頭痛、ネガティヴ思考などに悩まされながらなんとか会社へ行っております。はい。

 

勢いで10月のリレーマラソンに出ることにしちゃったし、海外移住までに体調万全にしたいな、歯医者さんにも行ってこなくちゃ。

タイ旅行と海外赴任

7/13-18、海の日の連休+お休みを頂いてタイ(ほぼほぼバンコク)で一人旅してきました。

感想は、「よかった。楽しかった。また行きたい。」

 

この一年、二か月おきに色々な国へ行ったけれど、また行きたいと思えるところってそんなに多くはなくて。

いやー、もともとタイに行きたくてタイを目的地に選んだわけではなく、飛行時間とか諸々を考えてたまたま適地だったのがタイだったわけですが、思いのほかに気に入ってしまいました。

オーストラリア人の友達からは、「タイなんてマッサージと酒と寺しかない」なんて聞いていましたが、いいとこやんか。

衛生面でよくないよ、との前評判も、台湾に行ったことある人からしたら全然気にならない。同じような感じ。

ゾウにも乗ったしアユタヤの遺跡も見たしホテルのプールからチャオプラヤー川を見ながら優雅にくつろいだし、マッサージも受けたし、まんぞく。

おすすめの料理はマンゴタンゴというお店のマンゴープリンです。ココナッツで炊いたお米つきの、たしか185バーツくらいのデザートプレート。

お店も見つけやすいし、超おすすめです。

あとは、マンゴツリーで食べたマッサマンカレーと超からい謎のサラダ。そのほか屋台料理にも挑戦しましたがおなかも壊さず無事に帰ってきました。

物価も安いしええとこや。

 

…と思って満足して帰国しましたら、先日応募した社費留学(というより海外赴任プログラムといった方が適当かな)の一次審査通過のお知らせが届いておりました。八月上旬に東京本社で最終の役員面接とのこと。

実は、この審査にパスした暁に派遣される国というのが、中国か、タイなんです。

先日の記事を書いた際には北京とバンコクなら問答無用で北京でしょ、とか思っていた私ですが、図らずも今回の旅行によりバンコクへの赴任もいいなぁと思い始めています。

最近受けたToeicのスコアが結構上がって(775になりました)、応募時にそのスコアを添付したのが功を奏したかな。

次の展開が楽しみ。