上司のことが好きなんだ

本日、七回目のカウンセリング 10:00-13:15

 

今日喋っていて自覚したのは、私は上司が好きだということ。

なかなか認めたくなかったけれど(というか、はっきりとした自覚がなかった)どうやらそういうことらしい。

私は上司のことが好き。

胸のつっかえが取れたようにストンと心に入ってきて、次には泣けてきた。カウンセラーさんも貰い泣きして。

思い起こせば、整形して、腫れが引いて、一番に思ったのは「綺麗になった。上司は綺麗って思ってくれるかな?」だった。買い物をしていて、ふと上司の顔を思い出して、手に取ったハイカロリーなお菓子を戻したこともあった。

一度認めてしまえば なし崩し的に あんなこともあった、あれもそうか、と。

異性への愛情の求め方が歪んでたせいで心身ともにバランスが取れなくなってしまって、こんなにも苦しい思いをするなんて知らなかった。

最初この体調不良は、上司が私に毒を盛ってるのかと本気で思っていたくらい。

でもそうじゃなかったんだな。上司が諸悪の根源であったのは確かだけれど、私の中で毒として効力を持つようになったのは、まぎれもなく私の受け止め方・捉え方の問題。

春先、とある男の人とうまく楽しく遊べたから、それを上司で再現できると思っちゃった。顔もきれいになったことだし、って。

あと、あれは確か6月の初め?

宴席で上司が「俺はオジサンだから」ってこぼしたのが嫌で。

そんなことない、上司にはいつも自信満々でいてほしい、素敵だって知らしめてあげたい、と思ってしまうことがあり。

あともう一要素は、上司が「結婚しないの?彼氏がいないのはリア充じゃないね」、と私を茶化してきたことがあり、結婚できないんじゃなくて、自らの意志でしないんだ、ということを分からせたかった。

 そんなこんなで始めた関係、まさか再び向精神薬をもらうことにまでなるなんてなぁ。

 

あとこれは先ほどからもやもや考えていること

私は誰かを好きになって、そしてその人と接するとき、私のペルソナを作って、それを本当の私が操っているんだと思う。

傷つくのもペルソナ、甘言を吐くのもペルソナ、

だから生身の私は何も感じない、そういう風にして自己防衛してきたんだろうな。

でも、その実 まぁペルソナだけじゃなく自分もしっかり傷ついてるので、自律神経失調症として症状が出るわけだ。

前回の恋人のときはペルソナづくりがまだ上手じゃなかったから、生身の人間としてのた打ち回っていたんだろうけど、今回はちょいとペルソナを上手く作りすぎて、でも完ぺきではなくて、最終的にこうなった。

あー、わかっただけでも幾分すっきりした。今日は良い日だ。

来週から一週間、ハワイへ。

しいたけ占いに「暖かいところで休むのがいい」って書いてあったので、なにもせずにごろごろしよう。

そうか、私は社内転職に成功したのか

本日は6度目のカウンセリングの日。気付けば実に2時間半も喋り通しで。

そこで喋っていて気付いたのは、私は未だに 新卒で就活していた頃の失敗体験を引きずっているということ。

そして今やっている仕事をどこか下に見ている、ということ。

「そんなことない、そんなこと思っちゃだめだ」と感情に蓋をしているうちに自覚がなくなっちゃってた。

(というか、腹の内では常に「もっと高度なことが出来るはず」みたいな驕りがあるんだと思う。驕ってる自分が醜いのでその感情自体なかったものにしようとして頑張って、結果 感情を全部無くしちゃってた。

例えるなら漫画の、「俺はまだ本気出してないだけ」みたいな感じだな。読んだことないけど。)

 

世間一般にはいい会社、と言われるのかもしれないし

給料もいいのかもしれないけど

今いる会社は、具体的な夢もなく大企業ばかり受けていた大学三年生の私的には満足いく会社じゃなかったんだった。大企業なんだけどもね。イメージ的にきらびやかな感じではないから。

ひきこもりだった高校生の頃、六大学のどこかに滑り込むことで精神的な安定が得られたように、(自分の思うような)素敵な会社に行けばそのネームバリューに縋って生きていけると思ってたんだ。

だから環境を変えたくて転職活動してたんだった。でも、新卒の頃やっていた「縋れるだけのネームバリューを求めた転職活動」を第二新卒になってもまだやってたから捗々しくなくて、一年前に転勤になってからはやめてしまったんだった。

 

そして今、仕事内容を変えるチャンスが与えられたんだ。自分に。

それは単にラッキーとかそういうものではなくて、そこに至るまでには英語が出来るように(TOEICの点数的な側面だけで言えば)なったことも関係してると思うし、秘書検定を取ったことも、会社の勤務評価が良かったことも、そして私が新卒で入った会社を辞めずにいたということも大いに関係してるんだった。

私、分からないなりに頑張ったんだった。

 

思えば、この海外赴任の制度も もともと自分が「こんなのあったらいいな」と思っていた制度そのものだったんだった。

そんなチャンスが目の前に巡ってきて、私は今何をなすべきなのだろう。もちろんメンタルを病むことではない筈だ。 

 

タイ語の市場価値ばかりを考えていた私、昨日ある知恵袋の回答を見て、思わず唸ってしまった。下記リンクの、№2の回答。

中国語学習の将来性 -現在、中国語の需要が国外・国内問わず高まってお | 教えて!goo

今まで私は、自分が転職するときに北京語が出来たら潰しが効くだとか、そんな狭窄な視野でしか物事を考えられてなかった。

でも、会社、更にもっと大きな視点で考えたら、マイナーな言語が出来る日本人がいることは大きなアドバンテージになるんだ。なんだ。なるほど。

このアンサーを見て、一気に肩の力が抜けた感じがした。

 

引け目を感じる職歴、それを見てキャリアカウンセラーが若かりし頃の自分に放った「あなたの履歴書には年齢しか評価できるところがない」という言葉、きっとそのトラウマは、海外赴任を経て昇華されるんだろうな。

 

先日AKBの子が書いたエッセイに「必要とされたかった」とあり、「日本に居た時でも、この子は全く必要とされていなかった訳じゃ無かろうに」と書いたけど、

私だって今ここで全く必要とされていないわけじゃない。

でも今ならAKBの子が言わんとすることが分かる。

唯一無二の、替えの効かない存在になりたいんだ。

だから、それを求めて生きる場所を変えるんだ。

やっと分かった。

 今言えるのは、私は私が望んだ通りに、働き方を、将来を、変えられる可能性を手にしたってことだ。

今のままの事務仕事をずっと続けて後悔することより、タイに行って後悔することの方が何倍も有意義だ。

答えを求めて本を読む

心の中の荒波を鎮めるべく、ここ最近はハイペースで

解が得られそうなところ(ネット上の記載)を探す→ブログなどでおすすめされている本を発見→アマゾンで購入

というサイクルを回しています。読んだからといって一気に視界が開けたりしないのだけど、これをしていないとどんどん深みにはまっていってしまいそうで。

この様な本の読み方、身になる読み方ではないのだろうなと思いつつ。

(同じようなトピックで前々から検索し続けているので、既視感のある装丁だけれど中身が全然思い出せない本に行き当たる、というようなことが多々あり。本の中身を自分に全然落とし込めずに、ただ、有用な情報も噛みしめることをせずに「通り過ぎていくだけ」の読み方をしているんだと思う。)

ちょうど先日読み終わったのが「うつヌケ」、届くのを待っているのが「自分を嫌うな」と、「禅マインド ビギナーズマインド」

7月は婚活系の本、8-9月はキャリアに関する本と来て、ここ一か月はメンタル系のことを扱った本が多いかな。

うつヌケに書いてあった、起き抜けの状態でポジティブなことを唱える というのを実践中。

「私は幸せ、私は美人、私は出来る子」とな。

 

PDCAサイクルで言うところの、Dばっかり回してるんじゃないかと気づいたり。

すぐ隣にある幸せを発見できるか

先ほど車を運転していて、ふと目を横に向けたら、歩道脇の花壇をトコトコあるくキジトラの猫ちゃん。

かわいい~いいもの見た~と独りごちて、幸せってこういう風に私のすぐ傍にいつもあって、それに気付けるかどうかだけなんじゃないかと思ったり。

あとは 総湯に行って、浴槽につかってたら隣にいた知らないおばあちゃんに「けっこうやね~」ってニコニコ顔で話しかけられてほっこりしたり。(けっこう、とは方言かな。先の発言は、きもちいいね~、のような意味)

幸せを幸せと受け取れるってことは、幸せってことや。うむ。

 

最近読んだ本、AKBからインドネシア姉妹グループに移籍し、現地でスターになった子のエッセイ。

ガパパ!ってタイトル。

日本では総選挙の順位も芳しくなかった、だから必要とされる場所に行きたかった、と綴った言葉が妙に頭に残って。

「必要とされたい」という自分の感情に気がついたのはこの子のエッセイを読んだから。

でも、この子も日本で全く必要とされていなかった訳じゃ無かろうに、「必要とされたい」っていうのは、やっぱり「存在感を強く持ちたい」を体よく言い換えた言葉になるんだろうか。

かく言う私も、存在感や影響力を持ちたいから海外赴任に手を挙げたんかな、とか思ったり。

そういえば入社面接で、ナンバーワンかオンリーワン、どちらが好きかと問われ、ナンバーワンだと即答したっけな。面接官1人、学生3人のグループ面接で、ほかの子はオンリーワンすてき!って言ってる中で、ナンバーワンじゃないと意味ないっす!みたいなことを言っていた大学生の私。

もともとそんな人間なのだ。

 

さて、タイに渡る日程が具体的に決まりつつあり、タイ語への勉強熱も少しづつ出てきて、上向いてきた感じ。

昨日から、グーグルマップでバンコクを探検するのが楽しい今日この頃。

住みたい街を考えておいてね、と本社から連絡が来たので、今日はエア物件探しの夜。

(賃料65000THB/ひと月 まで会社負担してくれるそう。日本円で22万円超?本社の人、なんか間違えてないかな?)

必要とされたい

色々と、今抱えている不安の根源について考えていて、一つ行き当たったのは、

私は誰かから「必要とされたい」んだ、ということ。

 

いま私の中に存在する2大価値「若さ」と「美しさ」、

これがなければ、という幻想に絡めとられて苦しんでいて

そしてそれに代わる価値として得ようとしているのが「キャリア」だと気づいて

この3つを価値として、最終的に手に入れたいもの、それが「必要とされる」ことだと気がついた。

若さと美しさは女性としての価値、女性として、必要とされ認めてもらうこと。

でも、若さは時とともに目減りしていってしまう。

だから、美しさの部分はどうにかしたくて美容整形をする。でもそれじゃ根本的な解決になっていないこと、不安定な要素であることに気がついていて、だからこそ人として評価されるキャリアというものを得たくて。

キャリア、という価値に軸足を移そうと試みて

でも、挑戦すること、失敗することが怖くて尻込みしてる。

キャリアも、美しさと一緒で不安定かつ主観的な要素であることに変わりはないのに。

なんでこうも自分は 自分を生き辛い方に煽ってしまうんだろう

 

とりあえず赴任はする、行ってから考える

死ぬくらいだったら会社辞めてうつを治す

今いる会社の人に歓送会とかしてほしくないな。そっとタイヘ消えたい。ダジャレじゃないよ。

私は私の価値が自分で認められないので、他人を使ってそれを確認しようとする

(タイトル)

…ということにまた気がつく。

二年前に失恋して いやほど知ったはずのことだけど、やはり構造的に解決できたわけではなくて、これからいつ解決するやも知れなくて。途方もないような、虚しい感情。

今週の日曜、ホテルのラウンジでカウンセリング受けた時は上司と切れた爽快感?から調子が良かったのだけれど、そこから今日まで、夜になると気分がずーんと落ちる日が続いていて。

次のカウンセリングを二週間後に予約したのけれど、一週間後にしておけばよかった。躁状態だっただけのよう。

しかしここで安定剤に頼るともうそれに頼りっきりになってしまいそうで、飲まずに持ちこたえてる。エアビーのゲストさんもいるので、気丈に振る舞わなくちゃという思いが強い。

ツイッターにばーっとネガティヴなことを連投してみたり。

何が私の心に引っかかるのかというと、同年代の(すこし下の)世代の女性が、パートナーと幸せそうな毎日を送る様子とか

会社で他の女性がちやほやされている話を聞くとか。

疎外感とか孤独感とか、自分は何をやってきたんだろうとか、どんな価値があるんだろうとか、これからどうなっちゃうんだろう、とか。

 

誰とも一生を約束する関係性を築けていないこと

そうこうするうちに若さが欠けていっていること

誰からも愛されていないこと(血縁でない人からという意味で)

精神的に問題を抱えていること

 

外見をよくしたい、という妄信にも似た感情から、実は今年4回も美容整形手術を受けたことは、今まで書いていませんでしたが

そうです、1月に始まり、二か月おきに。( 整形手術を受けていない月は海外旅行というなかなかのスケジュール。)

これで自信を得て、ついに夏、上司に手を出した訳ですが。

当時は「究極の自己満足」だと思って入れたメスも、結局は誰か から愛されるため、(それも外見的魅力というインスタントな方法で)やったんやなと省みて。

「社会的に価値のある人から愛される、もしくは価値を認めてもらう」ことで承認欲求を満たす構造は少しも変わってないんだって

カウンセラーさんに指摘されて初めて気がついた。

 

弟に、「嫌われる勇気」、もう一度、一度と言わずバンコクにも持って行って何度でも読んでみなよ と言われて。

今日久しぶりに読み直してます。

変わりたい、どういう風に?

何かに耐えているという自覚がないままに、ストレスから自律神経失調症になった話

あほとしか言いようのない出来事だけど、今後の自分への戒めとしてここに書き記します。内容は主題の通り。

自分の、愛情の求め方が歪んでいたせいで知らず知らずのうちに心理的にかなりの負担を抱えていたみたいで、自律神経失調症になってしまいました。

原因は職場での不倫。

原因が分かったのでその人とはきっぱり終わりにしました。

まだ上司ではあるのだけれど。

 

その人と一線を越えてからなんだか調子が悪い、でも理由が全く分からない、てことは妊娠とか性病とか?って思ってたんですがメンタル要因でした。

散々病院に通ったけどそりゃ原因がわからんわけだ。

今だってなんか騙されたんじゃないかと思ってるくらい、そのくらいメンタルに負担をかけている自覚がなかった。

夏の始まり頃からそれは始まり、メンタル要因だと気づいたのが今月に入ってから。

そこからカウンセリングを受け、血液検査なども受けて正式に診断が下りました。

高校生ぶりの、精神安定剤の処方も出たぞ☆

情けなくて泣きたい。

年齢を重ねて、それなりに身の回りで起こることにも対処できるようになってきたと思っていたんだけど、それは私の驕りであったようで。

自分の深層心理って、自分でもわっかんないもんなんだなーってのも率直な感想。

今は関係を断ち切って、やっと感受性とか将来について考えられる余裕とかが戻ってきつつあるところ。

考えがまとまったら随時更新予定。